知っておくべきこと

心臓の健康には、生活習慣、血圧、コレステロール値、HIV治療薬などさまざま要因が影響をおよぼします。HIV感染者は、日頃から心臓の健康状態を把握しておくことが大切です。

喫煙がもたらす影響

HIV感染者の喫煙率は、非感染者よりも高いとされています。喫煙者は、喫煙経験がない人と比べて、心疾患を発症するリスクは約3倍に上ります。

心臓の健康のためには、禁煙が最も効果的な方法です。禁煙するためにはどうすればよいか、主治医に相談してみましょう。

HIVウイルス自体の影響

HIVウイルスの影響が長期にわたると、ウイルスそのものが心臓病のリスクを高めることがあります。

まずは主治医に、次のことについて相談してみましょう。

  • 定期的な血圧やコレステロール値の測定と、糖尿病などの合併リスクについて
  • HIV治療薬が心臓の働きや治療の選択におよぼす影響について

心臓病について

代表的な病気としては、冠動脈疾患、不整脈、心不全、心臓弁膜症、肺動脈性肺高血圧症などが挙げられます。

心臓病の原因には遺伝要因もありますが、喫煙や過度の飲酒、飽和脂肪酸 (バターや脂肪の多い肉、クリームなど) のとりすぎ、運動不足といった生活習慣も影響します。

また、加齢、一部の薬剤、感情的なストレス、身体運動、さまざまな病気などの要因も心臓に負担をかけます。

HIVと心臓病との関係

HIV陽性かどうかにかかわらず、心臓病になるリスクは年齢と共に高まります。ただHIVに感染していると、生活習慣や治療薬、HIVウイルスなど、さまざまな要因が影響することでそのリスクはより高くなります。

しかし、これらのリスクをコントロールする方法はたくさんあります。

HIV感染者の急性心筋梗塞 (AMI) のリスクは、
非感染者よりも高い

HIV感染者と非感染者のAMI発症率*
(VACS仮想的コホート, 2003–2009 海外データ)

HIV感染者と非感染者のAMI発症率

*フラミンガムリスク因子、併存疾患、薬物使用で調整後、退役軍人のうちHIV感染者の急性心筋梗塞 (AMI) のリスクは非感染よりも高かった
(HR, 1.48; 95% CI, 1.27-1.72)
Freiberg MS, et al.: JAMA Intern Med 2013; 173: 614.を参考に作図 ​

リスクの評価

発症の危険性は、次のような方法で評価されます。

  • 食生活と喫煙などの生活習慣の確認
  • 年齢や血圧、コレステロール値のチェック
  • 糖尿病の罹患、あるいは罹患する危険性のチェック
  • 服用中のHIV治療薬の見直し

心臓病と診断された場合

心機能の低下を防ぐために、次のように生活習慣を改善しましょう。

  • 健康的な食生活や運動習慣を続ける
    将来の心臓病リスクを減らすのに役立ちます。
  • たばこをやめる
    禁煙するのに遅すぎることはなく、心臓発作後であっても再発予防につながります。

心臓病の治療薬には、作用の異なるさまざまな種類があります。代表的なお薬は以下の通りです。

  • 血液をサラサラにするお薬
    低用量アスピリンなど
  • コレステロール値を下げるお薬
    スタチンなど
  • 血圧を下げるお薬 (降圧薬)
    アンジオテンシン変換酵素阻害薬 (ACE阻害薬) やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬 (ARB) など
  • 血管を拡げるお薬 (血管拡張薬)

不安な点や質問があれば、主治医に尋ねてください。