タバコとHIV

タバコを吸うことがストレス解消につながる場合でも、肺気腫や呼吸器感染の予防のためにも、禁煙することが勧められています。どうしても吸いたくなってしまったときには、その気持ちが落ち着くとされる5分間を目安に、なにか別のことに集中するなどしてみましょう。