HIVの基礎

HIVは「ヒト免疫不全ウイルス」のことで、HIV感染症はHIVに感染したことをいいます。HIVは、細菌や感染症から身を守るために体内に存在する免疫系の司令塔であるCD4陽性Tリンパ球 (CD4細胞) を利用し、次々とウイルスのコピーを作成して増殖していきます。その結果、あなたを病気から守るCD4細胞数が破壊されてどんどん減ってしまうのです。

HIV感染症の進行度を測定するためには、定期的に血液検査を行います。血液中のCD4細胞数は「免疫状態」を知る指標で、CD4細胞数が多いほど免疫力は高くなります。また、血液中のウイルス量は「HIV感染症の進行速度」の指標になり、検出限界の数値である20コピー/mL未満にウイルス量を抑えることが抗HIV療法の治療目標です。

HIV:Human Immunodeficiency Virus

HIVとエイズの違い

HIVはウイルスの名前で、エイズはHIVによって引き起こされる病気です。HIV感染を放置してCD4細胞が200/µL以下になると、正常な免疫力があればかからない日和見感染症や日和見腫瘍 (エイズ指標疾患) を併発しやすくなります。エイズとは、下記の23種のエイズ指標疾患のいずれかを発症した状態のことをいいます。

エイズ指標疾患

A. 真菌症
01 カンジタ症 (食道、気管、気管支、肺)
02 クリプトコッカス症 (肺以外)
03 コクシジオイデス症 *
04 ヒストプラズマ症 *
05 ニューモシスチス肺炎
B. 原虫感染症
06 トキソプラズマ脳症 (生後1ヶ月以後)
07 クリプトスポリジウム症
(1ヶ月以上続く下痢を伴ったもの)
08 イソスポラ症
(1ヶ月以上続く下痢を伴ったもの)
C. 細菌感染症
09 化膿性細菌感染 **
10 サルモネラ菌血症 (再発を繰り返すもので、
チフス菌によるものを除く)
11 活動性結核 (肺結核又は肺外結核) *+***
12 非結核性抗酸菌症 *
D. ウイルス感染症
13 サイトメガロウイルス感染症
(生後1ヶ月以後で、肝、脾、
リンパ節以外)
14 単純ヘルペスウイルス感染症 ****
15 進行性多巣性白質脳症
E. 腫瘍
16 カポジ肉腫
17 原発性脳リンパ腫
18 非ホジキンリンパ腫
(a.大細胞型・免疫芽球型、b.Burkitt型)
19 浸潤性子宮頸癌 ***
F. その他
20 反復性肺炎
21 リンパ性間質性肺炎/肺リンパ過形成:
LIP/PLH complex (13歳未満)
22 HIV脳症 (痴呆又は亜急性脳炎)
23 HIV消耗性症候群 (全身衰弱又はスリム病)

感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について「9 後天性免疫不全症候群 (4) 届出に必要な要件“指標疾患 (Indicator Disease) ”」厚生労働省.
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-05-07.html (参照 2020-01-21).

* a:全身に播種したもの、b:肺、頸部、肺門リンパ節以外の部位に起こったもの

** 13歳未満で、ヘモフィルス、連鎖球菌等の化膿性細菌により以下のいずれかが2年以内に、2つ以上多発あるいは繰り返して起こったもの
a:敗血症、b:肺炎、c:髄膜炎、d:骨関節炎、e:中耳・皮膚粘膜以外の部位や深在臓器の膿瘍

*** C11活動性結核のうち肺結核、およびE19浸潤性子宮頸癌については、HIVによる免疫不全を示唆する症状又は所見がみられる場合に限る

**** a:1ヶ月以上持続する粘膜、皮膚の潰瘍を呈するもの、b:生後1ヶ月以後で気管支炎、肺炎、食道炎を併発するもの

HIV治療の歴史

かつて、HIV感染症は“正体不明の死の病”と考えられていました。しかし、1990年代に登場したHAART*療法によって“慢性疾患”と捉えられる時代に移り変わり、HIV流行終結を目指して、2014年に国連合同エイズ計画(UNAIDS)が、2020年までに3つの90%を達成する目標(90-90-90)**を掲げました。これからのHIV治療は、90-90-90の先にある「
Good Health
UNAIDS“90-90-90治療目標”とは、2020年時点で世界中のHIV陽性者の90%が検査を受けてHIVに感染していることを知り、そのうちの90%が治療を受け、さらにそのうちの90%が体内のウイルス量が検出限界以下になる状態を目指すというものです。
Good Healthとは、最後の90が示すウイルス量が検出限界以下になった患者さんの、生涯にわたる「良好な健康状態の維持」を指します。これからのHIV治療は、ウイルスの抑制にとどまらない、生涯にわたって良好な健康状態を維持する「Good Health」が求められる時代へ向かっていくと考えられます。
」を追求する時代へ向かっていくと考えられます。

詳細については、各アイコンをクリックしてください。

謎の死の病
時代
1980年代に原因不明の感染症として突如人類社会に広まり、その致死性から恐れられたエイズ。1983年に病原のHIVウイルスが発見されました。
新薬の早期
実験段階の時代
1990年代初めに抗ウイルス剤が開発されましたが、エイズウイルスは薬剤耐性を持ちやすいため効果が長続きせず、1日に大きめのカプセルの薬を何回にもわけて服用するため、合計約20錠もの薬が必要であることが課題に。
生存の
時代
HAART* (多剤併用療法) の導入で、HIV治療は大きく進歩。死亡率が激減し、予後も劇的に改善していきます。
慢性疾患と
しての時代
今では1日1回1錠の治療薬で治療可能。ご本人の健康状態を維持し、感染前とほぼ同じような生活を送れるようになりました。
総合的な健康
を考える時代

*:highly active antiretroviral therapies

**UNAIDS. How AIDS changed everything — MDG6: 15 years, 15 lessons of hope from the AIDS response. 2015
http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/MDG6Report_en.pdf (2019/11/22閲覧)
Lazarus JV. et al. BMC Medicine 2016:14 :94 を参考に作成

HIVは治療を
すればうつらない?

HIV治療は抗レトロウイルス療法とも呼ばれ、通常ART (抗レトロウイルス療法) は少なくとも3つの薬で構成されています。そのうちの2剤の役割は、CD4の細胞コントロールセンターへのHIVウイルスの侵入を食い止めることです。

ただ、HIVウイルスは2剤のブロックをかいくぐって侵入してくることもあります。そんな時に活躍するのが3つ目の薬。隙間を縫って侵入してきたHIVウイルスがCD4の細胞コントロールセンターを乗っ取ってウイルス製造工場化しないように戦ってくれるのです。3つの薬が互いにバックアップできる状態をつくることで、ウイルスが侵入してくるポイントが異なっても戦えるように準備し、CD4への新たな攻撃を防ぐ。これを試みたのが複数の薬による治療手法で、過去20年間でHIVを少なくとも3種類の薬で治療することが推奨されてきた理由の一つです。

現在はまだ、HIVを完治する治療方法はありません。しかし研究によれば、HIV治療を始めてから毎日服薬することによって体内でのウイルス増殖を抑え、検査でも検出できない量にすることが可能です。ウイルスが検出限界以下の状態になってから6ヶ月、またはそれ以上経過すると、性行為によって他の人がHIVに感染するリスクが低くなります。*** また、抗HIV薬をきちんと服用すれば、エイズの発症を防ぎ、長期間にわたり健常時と変わらない日常生活を送ることができるうえ、非感染者と同じくらいの寿命も望めます。

***米国国立アレルギー・感染症研究所 (NIAID) 、10 Things to Know About HIV Suppression、NAID、2017.
https://www.niaid.nih.gov/news-events/10-things-know-about-hiv-suppression(2019/11/22閲覧)

内服を続ける為にも、
小さなガマンを
増やさない

医師の指示どおりにHIV薬を毎日服用することで、血液中の薬の濃度を一定に保つことが出来ます。これは、ウイルス増殖を抑えるために必要な薬を十分に体内に保ち、治療成功率を高めるために重要です。薬を飲み忘れると血液中の薬の濃度が低下し (血液中の薬物最小濃度を下回ると) 服用中の薬では増殖を抑えることが出来なくなる「薬剤耐性ウイルス」を生み出し、服用を再開しても薬が効かなくなったり、他のHIVの薬でも増殖を抑える効果が得られなくなってしまう可能性があります。

ただ、薬を毎日服用するという経験がないあなたにとっては、とても負担に感じる大変なことかもしれません。毎日キチンと飲みつづけるためには、出来る限りガマンをしない状況を作る事がとても大切です。「これくらいの辛さは仕方ない」と思ってガマンしている事はありませんか?「気分が悪くなるから飲みたくない」といった、服用がイヤになってしまう原因があるのならば、どんな小さな事でも医師に相談しましょう。