60代の身体のファクトと
気をつけるべきこと

脳卒中のリスクに注意

脳卒中になるリスクは年齢と共に高まりますが、加齢以外にも、HIV感染や喫煙、高血圧、肥満、脂質異常症、糖尿病、過度の飲酒など、さまざまなリスクファクターがあります。
脳卒中のリスクを減らす方法は主治医に尋ねてください。

定期的な検査と適切な治療で視力の低下を防ぐ

加齢に伴い視力は低下し、眼鏡や眼内レンズ (白内障手術) が必要になる場合があります。定期的な眼の検査と適切な処方を受け、眼をきちんとケアすれば、視力の低下を防げるかもしれません。
視力を守ることは生活の質 (QOL) を向上させ、骨折の原因になる転倒の予防にもつながります。検査を受ける頻度については、主治医や眼科医に尋ねてください。

積極的な交流で老年期を幸せに過ごす

HIVと共に生きる高齢者の多くは、自分たちのQOL (生活の質) に満足しています。活動的に他者と交流したり、集まりやグループに参加したりすることで幸福感は増し、孤立感や孤独感は弱まっていくでしょう。

HIVとメンタルヘルスの関係については、“HIVとメンタルヘルス”のページをご覧ください。