知っておくべきこと

HIVと肺の健康状態との関係

HIV陽性かどうかにかかわらず、肺の健康には年齢や生活習慣などのさまざまな要因が影響をおよぼします。ただ、HIVに感染している人は次のようなことを知っておくべきでしょう。

  • 喫煙によるリスク
    肺がんや、HIV感染者に合併しやすい慢性閉塞性肺疾患 (COPD) の主な原因となるため、喫煙者はたばこの本数を減らすか禁煙し、必要に応じて主治医に相談しましょう
  • HIVウイルスそのものの影響によるリスク
    免疫力の低下により、結核 (TB) などの肺感染症に罹患しやすくなるため、肺感染症予防のために、よく食べて、運動で身体を鍛えましょう

肺の病気について

肺の病気には、次のようなものがあります

  • 結核
    結核菌により生じる感染症。深刻な疾患だが適切な抗菌薬治療で治癒が可能
  • 肺がん
    国内でのがん死亡1位のがん腫で、80%以上を占める非小細胞肺がんと小細胞肺がんの2種類がある。主因は喫煙
  • 喘息
    気道に炎症が起こり呼吸困難を引き起こす、一般的な病気。子どもからお年寄りまで幅広い年齢層でかかる。イエダニなどのアレルゲンやたばこの煙などの刺激物、胸部感染症などが主な原因
  • 慢性閉塞性肺疾患 (COPD)
    長期の喫煙で肺が受けた損傷などが原因で発症する、呼吸困難が引き起こされる病気

喫煙は多くの肺関連の病気の原因となり、肺がんやCOPDの主因です。
発症のリスクは年齢と共に高まるため、気になることがあったら、主治医に相談してみましょう。

HIVと肺の病気との関係

HIVウイルスは肺の病気の直接の原因ではありませんが、肺におよぼす影響を理解することが大切です。

罹患に伴う免疫力の低下で喉や肺の感染症にかかりやすくなり、エイズ発症の指標疾患である、肺炎や活動性結核、反復性肺炎、リンパ性間質性肺炎などを起こす可能性があります。

喫煙はHIV感染者における死亡リスクの増加に関連している

生存率(HIV感染の有無、喫煙状況別)
(デンマークのコホート研究 海外データ)

喫煙はHIV感染者における死亡リスクの増加に関連している
35歳のHIV感染者の平均余命(喫煙状況別)
喫煙状況 AGE  (95% CI)
現在喫煙者 62.6 (60.9-64.9)
前喫煙者 69.1 (67.5-71.2)
非喫煙者 78.4 (71.9-84.9)

Helleberg M et al.: Clin Infect Dis 2013; 56 727.

Adapted and translated by permission of Oxford University Press on behalf of the Infectious Diseases Society of America.
OUP and the IDSA are not responsible or in any way liable for the accuracy of the translation. Gilead Sciences K.K. is solely responsible for the translation in this publication/reprint.

リスクの評価

発症の危険性は、次のような方法で評価されます。

  • 生活習慣
  • 聴診
  • X線検査
  • ピークフロー値の測定
  • 結核の検査
  • HIV治療薬の見直し

結核などの肺感染症と診断された場合の対処法

結核や肺炎、気管支炎などの一部の肺感染症は、適切な治療を受ければ治ります。喫煙は肺がんやCOPDの主な原因です。別の疾患を引き起こしたり、感染症からの回復を遅らせたりすることがあるため、喫煙している人は、たばこの本数を減らすか、禁煙しましょう。

また、HIV治療を受けることで、 HIVウイルス量を減らすこと、そして陽性細胞の数を増やすことが、感染症の重症化を避けることにつながります。

結核を発症するとHIV治療薬を変更する必要があるかもしれません。
必要な治療や免疫力を高める方法について主治医に相談してみましょう。