身体活動のメリット

運動には、身体面だけでなく精神面にも多くのメリットがあります。身体活動でHIVをコントロールできるわけではありませんが、運動は気分を良くし、健康全般を向上させるのに役立ちます。

身体活動には、次の2つのタイプがあります。

  • ウォーキングやランニング、水泳、サイクリングなどの心血管の健康を向上させる有酸素運動。
  • ウエイトリフティングや自重トレーニング (腕立て伏せや腹筋、スクワットなど) などの筋力トレーニング

どちらの身体活動も健康に有益ですが、特に筋力トレーニングは、HIVの影響で減りやすいことが知られている除脂肪体重 (体重から脂肪を除いた数値) と骨密度を増やすのに有効です。

定期的な運動のメリット

運動を継続して行うことで、次のような効果が期待できます。

  1. 睡眠の質が向上し、1日の活力を増加させる
  2. 抑うつや精神的ストレスを軽減させる化学物質 (エンドルフィン) が分泌され、幸福感が高まる
  3. 脳が刺激され、記憶力などの改善に役立つ
  4. 心臓病のリスクが下がる
  5. 忍耐力と柔軟性が向上し、日々の作業や仕事がこなしやすくなる
  6. 体重を維持することで、健康に対する満足度が高められる